Just another WordPress site

転職するため

転職するために飲食店求人に応募する際の注意点

現在の仕事に不満を持っている、自分が叶えたい夢があるというような場合において転職はひとつの選択肢になります。
転職して成功するという保証はどこにもないものの、現状で我慢するということは時としてその人にとって耐え難い苦痛になることもあるでしょう。
それであるのであれば、自分の夢を叶えるために転職を志すということも悪いことではありません。

さて、ではこの転職において飲食店業界の求人に応募するというような場合にはどういったことに注意が必要なのかというと、まず一つ目が「収入面」です。
飲食店は現在苛烈な競争状態のなかにあり、どのような企業であっても賃金などの可変費用部分を削って対応しています。
2014年の日本における平均年収は440万円ほどでしたが、それに対して飲食店の調理スタッフの年収は300万円にすら達していません。

加えて2014年の家計調査によると、2人以上世帯の平均的な総支出は約32万円、年間にして384万円となっています。
このことを考えると、少なくとも現在の状況で飲食業界に転職するということは「高確率で収入が下がる」ということになるのです。
前職がアルバイトやパートなどであったのであれば収入アップも見込めますが、他の業種に正社員として勤めていた場合にはかなり高い確率で収入が減少してしまうのです。

収入が全てでは無いとはいえ現代社会ではお金が必要になる場面が非常に多いのですから、現実的な問題として考えなくてはならないでしょう。
加えて二つ目として心得たいのが「心身的な負担」です。
精神的な面に関しては「飲食業界で働くことが夢だから問題ない」という熱意で耐えきれることもありますが、身体的な疲労・不調は精神だけでは対応できない部分です。

飲食業界は残念ながら超過労働の問題が大きく、心身的な負担が重いと感じる人は非常に多いのです。
そのため応募する際は自分の体力・精神力についてしっかりと考える必要があるわけです。

このほかにも飲食店の求人に応募するということで考えなくてはならないことは多くあります。
自分自身の適正はもちろんですし、業務上の知識・経験はどうかといったようなこと、面接対策なども当然チェックしていかなくてはならないでしょう。
こうしたことは他の業種への転職でも変わることはありませんが、先に述べた二つの点は飲食業界へ転職する際に必ず考えていなくてはならないことです。
自分の夢を本当に叶えるためにも、現実的な問題はしっかり事前に考えるようにしましょう。